::ハピネス×ハピネス::

It is just Happiness.
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

大晦日だ!

30日の夜から徹夜で年賀状書き。
忘年会で飲んで帰った後なのに。。。よく頑張った。
朝7時に終わってポストに投函して、昼まで爆睡。

昼過ぎに横浜で彼と待ち合わせて、お買い物。
結局バーゲン前だし下見に終わってしまったのですけれど^^;

31日の夕飯はほぼ毎年恒例のすき焼きv
今年は兄夫妻や彼も来ていたので7人で賑やかなすき焼きでした。
うちは狭いので一度には一緒に食べられないから、早く食べ始めた人から抜けていって後から来た人が加わっていく感じで順番にありつきます。
デザートまで頂いて、もうおなかいっぱい。

年越しはサザンLIVEを見ながら!
今回のLIVEの選曲&曲順はほんとに良かった!!
アリーナに行っていた兄とカツがうらやましいよっっ。
しかし年越しは寒いから家でまったりっていうのもスキ。
お腹が苦しいながらも年越しそば(鴨南蛮)もしっかり食べて、あっという間に新しい年がやってくるのでした。。。

来年も、どうぞよろしくお願いします。
日記 2004 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

年賀状作成と定例@忘年会

今年最後の仕事は年賀状作成。
小学生の頃から年賀状は毎回版画です。(ゴム版画だけど)
手彫り手刷り、宛名も手書きです。
今時手作りってほんとに少ないから、ちょっと貴重!?
母にも手伝ってもらって、家族の分を全部刷ります。
兄が家を出てからは枚数も少し減ったはずなのですけれど、近年仕事を始めてからは年末ギリギリまで年賀状作成に着手出来ないので、年末に徹夜になってしまいます。
いかに楽な図案にするかが重要ですが、今回の図案は彫るのは割と楽でしたが面積が広くて刷るのが結構大変でした。。。
最近ゴム版を売っているところがめっきり減ってしまってなかなかお目にかかれないので、去年父が見つけたときに5枚くらい買ってきました。(1枚50円と経済的です)
両面使えるので10年分。。。多過ぎやしないかい?
続きを読む >>
日記 2004 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

クリスマス・イヴ


クリスマスは華やいだ雰囲気が好きですけれど、自分ではこれといって何かするような習慣がなくって、今年は彼の新居でそれらしいものは何にもないし、プレゼントくらいかな、って思ってたのですが。
イヴの24日は彼も早く帰れるとのことで、ケーキとシャンパンくらい買おうよってことになって、仕事帰りに2人で南行徳の不二家で大量に積まれているケーキと、隣の酒屋で同じく積まれていたシャンパンを購入。
お〜、クリスマスだわ〜v
ディナーは鳥のつくねの鍋だったので、ちっともクリスマスな雰囲気じゃなかったのですけれど。
カットケーキじゃ雰囲気でないので一番小さいホールケーキにしたのですが、残してもしょうがないので(翌日も翌々日も食べる機会がなかったのです)ちょっと無理して食べました。
おなかいっぱいのケーキは、初めおいしかったけれど後半きつかったです。
子どもの頃から量が多いと生クリームが苦手なのです。
あんまり無理して食べるものじゃないですね、ちょっと反省。
続きを読む >>
日記 2004 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

ヘアスタイルチェンジ♪

5ヶ月ぶりに美容院へ行ってまいりました!
なんだかんだと随分伸ばしてたので後ろは腰の辺りまで伸びて、なんだか切るのも惜しくて伸ばしっぱなしだったのですが、あまりにも(手入れ不足で)傷みが激しく、伸ばしてもちっともキレイじゃなくなっちゃってたんです。
そんな時彼に少し切ったら〜?なんて言われたらすっかり切る気になってしまって、仕事帰りに即効行ってしまいました。
仕事帰りに美容院にいけるなんて素敵♪
以前だったら時間的に絶対無理だったので。

今回は予約なしで安くて有名な銀座のshampooに行ってみました。
shampooはTAYA系列のファミリー向けのお店で、銀座には2件あります。
私は学生の頃自由が丘のbamble and bambleというTAYA系列のお店に行っていたこともあって、shampooが出来て話題になってた頃から気になっていたんですが、なんせ1年に1,2度しか美容院に行かないもので、機会がなかったのです。
夏頃、彼のお母さんが銀座のshampooで切っていることを聞いて、なかなか良さそうだったので試してみました!

カット・ブローが2,400円
トリートメントが1,040円
Yahoo!クーポンの使用でトリートメント剤を無料でゲット!
締めて3,440円のお会計でございます。
安い〜vウレシイ〜vv

美容院でトリートメントって初めてだったのですが、すごくいいです。
傷んで絡みまくりだった髪が(結構切り落とした部分もありますが)しっとりツヤツヤ、さらさらです♪
数年ぶりに前髪も復活!
気分も変わって切ってよかったです。
え〜、次に行くのは早くて半年後でしょうか??
日記 2004 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

再会忘年会送別会


今の職場は前の職場と歩ける距離で、今日は前の職場の女の子と4人で飲むことになりました。
私が前の会社に入って1年半後に入社した、私にとっては大切な、特別な存在だったHさんが今月いっぱいで会社を辞めて実家に帰ることになり、送別会でもありました。
ほんとにお疲れ様。あと1週間だね!!
Hさんとは9月末にも一度会ったけれど、SさんとTさんは3月以来だったので更に楽しみでした。
残念ながらTさんは仕事が忙しくて来れなくなってしまったのですが、今日3人にと作ってきたラベンダーアロマオイル入りおたまをプレゼント。
Tさんの分も渡してもらうことにしました。
やっぱりすっごく喜んでくれてうれしかったv
かわいいものって、万人に喜ばれるのね〜。
続きを読む >>
日記 2004 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

お引越し

週末、彼の引越しという一大イベントがありました。
仕事が忙しい彼は休みが日曜しかないので、土曜の夜から徹夜です。
引越しに徹夜って、聞いたことないんですけど。。。
日曜の早朝に私の家に来て車で荷物を運んでくれて、その後自分の家に戻ってトラックで引越し荷物の搬入。その間私は新居にお留守番。続々届く家電や家具の梱包を解いたり、部屋を掃除したり、買い物したり、長い1日でした。
私も前日に荷造りしてたのであまり寝てなかったけれど、連日仕事で帰りが遅くて慢性寝不足の上に徹夜の彼は、最後に彼の実家へ車を返しに行った時には運転しながら寝言を言うほどでした。こわかった。。。
続きを読む >>
日記 2004 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

京都旅行その2


二日目の京都観光コースは、加茂川→四条周辺→大徳寺→等持院→仁和寺→錦小路→京都駅。
ホテルの朝食を食べたレストランが加茂川沿いで、朝ちょうど天気が良かったのですっごく素敵でした。
早速加茂川の河岸を歩き始めると、雨が降ってきました。。。
この日は1日、晴れ間と雨が繰り返しましたが、前日のような土砂降りにならなくてほんとに良かったです。
休日で天気も良くなかったので人は少なかったですが、普段はサラリーマンとか普通に沢山歩いてるんだって聞きました。
街の中心に川があると、現代では交通等の面で不都合も多いと思うのですが、なによりこの空間が京都の町の人に潤いを与えているような気がしました。
そのまま雨の中試乗の辺りを少し探索。
安藤忠雄とか、結構有名な建築が集中してたりするのです。
道が整然としていてわかりやすいですが、結構裏路地も沢山あるし、ずっといてもなかなか飽きない感じでした。
続きを読む >>
日記 2004 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

アレグリア2@原宿・新ビッグトップ

母とアレグリア2東京公演に行ってきました。
今週はイベント盛りだくさん週間です。

シルク・ドゥ・ソレイユは過去に5回日本で公演を行っていて、今回は6度目。
私はそのうちほとんどの公演に行っていて、今回が恐らく5回目です。
(ちょっと記憶が曖昧なところもあって。。。)

シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演実績
1992 『ファシナシオン』
1994 『サルティンバンコ』
1996 『アレグリア』
2000 『サルティンバンコ2000』
2003 『キダム』
2004 『アレグリア2』

私の3大好きなエンターテイメントは「花火・水族館・サーカス」なんですが、今ではサーカスが町を巡るって言うのもなかなかないので、シルク・ドゥ・ソレイユは貴重な体験です。
まあ、サーカスと言っていいのかどうかわかりませんが。
動物は出てこないので。。。
テレビ局がスポンサーになっていることもあり、テレビ等のメディアで大々的に宣伝をしているので、シルク・ドゥ・ソレイユの存在を知っている方は多いと思いますが、決して大袈裟な宣伝ではないと思います。
演じるのは全て生身の人間。
音楽を担当するバンドや歌い手も全て生です。
本当に、人間の極限を見せる言うか、夢と感動と興奮そのものというか、芸術とは、エンターテイメントとは何たるかを体現できるシルク・ドゥ・ソレイユのショーは、一見の価値ありです。
続きを読む >>
日記 2004 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★