::ハピネス×ハピネス::

It is just Happiness.
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 
<< be with! vol.71到着! ★ head on collision >>

20世紀の名住宅物語

今週と来週、NHK BS-hiで「20世紀の名住宅物語」という25分のドキュメンタリー番組が放送されます。
全6回で、昨日が初日のF.L.ライトの落水荘だったのですが、25分と言う短い中でも見ごたえのあるいい番組でした!
登場する住宅作品は、どれも超超有名建築なので、これまでにも何度も写真などで見る機会はあったのですが、映像で、しかもハイビジョンでとなると、印象も全然違いました。

一応録画もしてるんですけど、ハイビジョンで録画できないのが残念。
できれば残り5回もオンタイムで見ようと思います。

この番組の後放送されている「世界ふれあい街歩き」という番組も結構お気に入りで、たまに見ています。
旅人の目線で世界中の町を歩いていくんですが、編集が少ないので本当に歩いて旅している気分になれますv
NHKはDVDが欲しくなる程の番組が沢山あって好きです。
買いませんけど。。。
20世紀の名住宅物語」BSハイビジョン

20世紀の名住宅には、さまざまな物語がある。ライトやル・コルビュジェなど著名な建築家、そしてそこに住まった人たち。それを探ることで、その時代や社会が垣間見える。番組では、ヨーロッパとアメリカで6つの名住宅の物語をお届けする。

第1回 浮世絵の啓示〜フランク・ロイド・ライト 落水荘〜アメリカ〜
10月24日(火)後10:35〜11:00
ペンシルバニア州の森にある落水荘は、1936年に完成。文字通り、滝の上に作られた住宅だ。シカゴのデパート経営者、エドガー・カウフマンが夏の別荘としてライトに依頼した。そこには、ライト独自の東洋的な香りと現代建築の基礎がたくさん詰まっている。落水荘には、ライトが考案した椅子や照明器具がおかれている。瀧をまたいで立つ壮麗な住宅を「カウフマン家のお手伝いさん」が案内する。

第2回 埋め込まれた記憶〜ル・コルビュジェ サヴォア邸〜フランス/パリ郊外〜1931年
10月25日(水)後10:35〜11:00
ロイド海上保険会社の重役だったピエール・サヴォア氏夫妻が週末を過ごすための住宅をル・コルビュジェに依頼。パリ郊外のポワッシー県の丘にいまもある。グランドフロアには車寄せ。ピロティ式の砂利に玄関があり丸みを帯びたフロアを持つ。だが斬新なだけではなくここには当時人々が魅了された心のよりどころがあった。「サヴォア夫人」が案内する。

第3回 ガラスの覚醒(せい)〜ミース・ファン・デル・ローエ ファンズワース邸〜アメリカ/シカゴ郊外〜
10月26日(木)後10:35〜11:00
シカゴ郊外のファンズワース邸は1951年完成。フォックス川のそばに建つ鉄とガラスの住宅。依頼主は、シカゴの女医エディス・ファンズワース。緑の中に直線の鉄骨と大きなガラスで構成。現代の住宅建築の規範とも言われる。デザイナーのミースは、鉄とガラスを巧みに用いた最初の建築デザイナーだ。最もセクシーな家として知られてもいる。その魅力を「ここに暮らしたインテリの女医」が案内する。

第4回 ふたりの森の家 〜アルヴァー・アールト アールト自邸〜フィンランド/ヘルシンキ〜1936年
10月30日(月)後10:30〜10:55
建築のみならず、デザインという分野に力を注ぎ家具や食器にいたるまで、アールトの作品はいまだに人気が高い。ロシアからの独立という国家建設の時代に活躍し始めたアールトは、森の国フィンランドの精神を自邸に込めた。夫人のアイノもまた建築家。夫婦が育んだ安らぎとぬくもりのある住宅を、「友人で家具職人」が案内する。

第5回 モダンという戸惑い〜ヴァルター・グロピウス アウエルバッハ邸〜ドイツ/イエナ〜1924年
10月31日(火)後10:30〜10:55
グロピウスは20世紀の芸術運動に重要な役割をはたしたバウハウスの校長。彼に自宅の建築を依頼したのは、理論物理学者のアウエルバッハだ。だがグロピウスが設計したのは、生活の目的に応じてユニットを組み合わせる合理的なもの。これまで暮らした重厚で装飾がかった構造を一切排除。絵画の中に暮らすことを建築家は提案。そのとまどいを「アウエルバッハ氏」が案内、現在の住人にも住み心地を聞く。

第6回 陽光の陰影〜リチャード・ノイトラ/VDLリサーチハウス〜
11月1日(水)後10:30〜10:55
ロサンゼルスの中心、シルバーレークに佇む白亜の住宅「VDLリサーチハウス」。燦々と太陽が降り注ぐカリフォルニアの環境を意識した住宅である。リチャード・ノイトラ(1892〜1970)は、オーストラリア生まれ。世紀末ウィーンの芸術、哲学に影響を受け、フロイトにも感化されていた。「建築家は人間を自然との調和の中に戻す治療者」というノイトラの信念からデザインされた「心と身体の健康を持続させる住宅」を、当時のライバル建築家シンドラーが、精神分析的に案内する。

建築? ★ comment 5 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

スポンサーサイト

- ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

COMMENTS

僕はトップランナーが好きですヽ(・∀・)ノ゜+.゜☆
BANG BANG  2006/10/26 04:24
NHK、みぃさんとこの間話してて、チェックしております。

でも、明日は無理だなぁ〜
今月で閉めちゃう居酒屋できっと飲んでいるな。あはは。
すっかりオヤジ。
でも心は感受性豊な乙女?でいたいです。

なので、情報だけでもチェックしてみるわ。
macha  2006/10/30 01:11
▼BANG BANG
一般の人と直接話したりするコーナー、素が見えるから面白いよね!
たまに見るけど、最近はBSの出番が多くてねぇ。。。

▼macha
それはこの前話してた例のお店だね?
たまには仕事帰りに都内で飲みたいわ〜。
誘って!
みぃ  2006/10/30 12:00
建築から離れても尚、興味はあるのよね・・・。

見たいなと思ったけど、
BS、見れない!!!!

あー残念。

放送予定の一覧を見て、
昔のF先生の授業を思い出しました。
ヤスコ  2006/11/01 13:00
▼ヤスコ
今見終わったとこ。
6回とも真面目に見てしまったよ、おもしろかった!
私もまずF先生を思い出したよ^^;;
授業に使ってた資料集みたいなの、ひどく古めかしい印刷だったの覚えてるかな?
やっぱハイビジョンで見るといいよ〜、オススメ!
みぃ  2006/11/01 22:59





TRACKBACK

TB URL  http://babymoon.jugem.cc/trackback/688