::ハピネス×ハピネス::

It is just Happiness.
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

傘遺失

あぁぁ。。。
やってしまいました。
今朝、職場の最寄り駅で電車を降りた後、傘を置き忘れたことに気付きました。
すぐに駅員さんに届け出て、終着駅で確認後折り返し電話をもらったのですが、見つからなかったそうです。
津田沼までだって、取りに行く覚悟だったのに、残念!
注意しているつもりでも、たまーに気を抜いてしまって、こういう目にあいます。
何で傘から手を離してしまったんだろう。。。

私は失くし物が(恐らく)人一倍嫌いで、小学生の頃なども、消しゴム一つ失くしただけで何週間も教室を探し続けたりするほどでした。
なので安傘一つでもなくなると悲しくて、絶対すぐに諦めたりはしないので、必ず届は出します。
それ以前に、失くさなきゃいいんですけどね(ーー;

失くし物(置き忘れ)は、ダントツで傘が多いです。
場所は電車の中が一番多いです。
大学生の頃特によくやった記憶がありますが、当時は乗り降りの少ない終点近くの駅を利用していたこともあってか、かなりの確立で還ってきたものです。
京急・都営浅草線・京成線・北総公団線。
いろんな駅に取りに行った事があります。
けどJRと京急では還ってこない確立が高いように思います。
多分遺失物の量も半端じゃないんでしょうね〜。
今回の傘もJR。
遺失物センターに登録してもらったのでまだ数日望みを捨てたくないですが、多分戻ってこないだろうなぁ。
反省。

ちなみに今回失くしたのは、現役で使っている私の長傘3本のうち、2番目に新しくて(1年くらいかも)一番高価(といっても1500円程度^^;)だったエースでした。
まぁ使用頻度も一番高いので失くす確立も高いわけですが、前回失くしたのもエース傘だったのになぁ。
古い傘ばかりが生き残ってしまって悔しいです。

大学時代、バンドのすごく頭のいい先輩が、傘だけはすごく忘れる人で、その先輩は折り畳み傘しか使わないと言う傘忘れ対策をしていました。
確かに折り畳みなら離さないので忘れないと思うけど、強風とか楽器など荷物の多い時とか、長傘じゃないと役に立たない時も多いし。。。
今日は職場まで濡れながら出勤しました。
帰りは置き傘(サード)で帰ります。
とにかく私は高価な傘を持たない方がよいですね。
傘忘れ対策は秘策を考えようと思います。
日記 2006 ★ comment 4 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

おこっぺ牛乳プリン


横浜のジョイナスの地下に、今年の4月にできた「セルフィユ」という創作自然瓶詰食品(ジャムやペーストなど)のお店があります。
すごく種類が豊富でジャム好き(なんですよ)としては気になるのですが、こじゃれていて結構お高いので、まだ利用した事はありませんでした。

以前お店のHPを見ていたときに、偶然「おこっぺ牛乳プリン」(294円)を紹介していたのを、なんとなく覚えていたんです。
で、昨日会社帰りにたまたま通りかかったので覗いてみたら、いました、カワイイ牛乳瓶入りのプリンが!
2つ買って、お母さんと今夜のデザートにいただきました。

瓶もとってもかわいいのですが、これが驚くほどおいしいプリンでした!
上から下までふんわりソフトで、なめらかで、甘さもバニラの香りもやさしさいっぱいな感じ。
カラメルの苦味も絶妙でした。
お母さんもすごく気に入っていたので、もしまた見つけたら買いたいと思いますv
日記 2006 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

「THE 有頂天ホテル」観賞

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
役所広司

久々に、相方と2人でDVD観賞。
その前にまた私が愚図ったりしてしまったので、見始める時間がすごーく遅くなって深夜の観賞でしたが、声出して笑いました。
長回しすごいですね!
舞台を見ているようでした。
キャストは豪華だし、それぞれのエピソードも面白いのに、それが絡みまくってほんと楽しかった。

相方の家でDVDを見るときはPCのモニターで見ているので、画面がちっさくって、やっぱり邦画がよいです。
字幕も厳しいですし。
大きいTVが欲しいなあー。
日記 2006 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

明治村発見!

奇跡の夫婦愛スペシャル
第一夜『虹を架ける王妃〜朝鮮王朝最後の皇太子と方子妃の物語〜』
(フジテレビ ドラマ)
を見ています。
菅野美穂かわいい〜。
で、なんとなく見ていたら、先日訪れた博物館明治村がロケ地として使用されていますね〜!
門とか教会とか橋とか。。。

あ、今両親が台湾から帰国しました。
楽しかったみたいです。
これからゆっくり土産話でも聞きましょうか。
日記 2006 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

「フライ,ダディ,フライ」観賞

フライ,ダディ,フライ 特別限定版 (初回限定生産)
フライ,ダディ,フライ
岡田准一、堤真一

昨夜、wowowを見ていたら、映画が始まったのでなんとなくそのまま見てしまいました。
V6の岡田くんが出演している、「フライ,ダディ,フライ」という作品でした。
いわゆる普通のサラリーマンが、娘を救うべく強くなることを決意して、高校生に鍛えられて逞しく成長、みたいなお話。
邦画らしくて、テンポが良くて、内容もわかりやすくて、親しめる映画でした。
初め20分くらい、モノクロで淡々と話が進んでいくんですが、岡田くん扮するスンシンが登場するシーンで突如カラーになるんですね、なかなかいいシーンです。
感動とか楽しい!というより、気分いい!っていう感じの映画でした。

気安く見始めたけど、みっちり2時間もあってびっくり。
今週は特に何もしていないのに、寝るのがちょい遅めで遅刻気味です。。。
日記 2006 ★ comment 2 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

国際宇宙ステーションより

昨夜、NHKのハイビジョン放送で、世界初の宇宙からのハイビジョン生中継がありました。
前日に番宣で見て、面白そうだから見てみようと、両親と3人でテレビを見てました。

実際中継時間は僅かで、しかも音声や画像が途切れてしまったりと、なかなか上手くいかないところもありましたが、やっぱり画面がきれいなのと臨場感があって、宇宙をすこーし身近に感じたのでした。
殆どがステーション内の映像で、窓から見せてくれた外の景色はサハラ砂漠の上空だったので期待していたものとはちょっと違ったのですが、NHKならではの楽しめる番組だったと思います。

宇宙といっても、国際宇宙ステーションが飛行しているのは地上350km。
平面距離にしたら、東京〜名古屋間くらいなものなのだそう。
そこを、地球1周約90分の猛スピードで回っているんですって!
距離は結構近いので、場所や時間によっては地上からもステーションの姿が見えるのだそうな。

私は怖がりなので、もし民間人が宇宙旅行にいける時代が来たとしても、多分宇宙には出ないでしょうけれど、ハイビジョン放送は見まくりたいですv
日記 2006 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

プチ同窓会

9月末、中学の時に三重に引っ越しちゃったちーちゃんと、ネットで再会しました。
11月に友達の結婚式のため上京するということで、それなら是非会おうという話になり、
小中学生の頃の同窓生に連絡して、プチ同窓会ってのもイイネと、計画したのでした。

そしてとうとう、本日プチ同窓会を開催!
なんだかんだと11人が集まってくれました。
私はフライングして、ちーちゃんとは先週末に名古屋で再会を果たしておりましたが、実に13,16年ぶりに再会したメンバーばかり!
私は幹事だったのですが、張り切って小・中の卒業アルバム2冊を持参しました!
写真を見ると思い出すことも沢山あって、懐かしい話は尽ず、2次会は終電まで。
お互いに当時は殆ど話した事がなかったりする人とも、これだけ時が経つともう余り関係ないものですね、みんなと話してとても楽しいひと時でした!

思えば、仕事の忙しさに振り回され、バンド以外では大学の友人とすら連絡を途切れさせてしまった、前職場での4年間。
離職後、大学の学部の友人と会うようになり、高校の部活のメンバーとも再会を果たして、やっと小・中学まで辿り着きました〜。
なんだかとってもありがたいです。
やっぱり思い出って、1人じゃなくて沢山の人たちと共有しているから価値があるんだなぁ。

そのうち、小学校や中学校の学年同窓会とかも、是非やってみたい!
日記 2006 ★ comment 4 ★ trackbacks 0 ★  ★ 

ユウ、結婚おめでとう!

大学の学科の友人、ユウの結婚式に参列しました。

10年間の付き合いで初めて化粧してるユウを見ました。
めちゃくちゃキレイでかわいくって、始終幸せいっぱいだった彼女の笑顔が脳裏に焼きついています。
新郎側のスピーチでも、新婦側のスピーチでも、とにかく褒められまくっていました。
飾らない彼女は、いつだってどこまでも純粋で、明るくて、真面目でやさしい人なのです。
沢山の人に愛されて、生きてきたんだなぁ。

「29年間も、お父さん、お母さんにべったり甘えていられるとは思ってもいなかった」
私もね、もうすぐ30年間、べったり甘えてばかりの毎日ですよ。
家族ってありがたいよね。
あったかくて明るい家庭を、ユウなら絶対に築いていけるわ〜。
新婦から家族への「手紙」って泣けるねやっぱり。
私はずっと前から「お前はそれだけはやめてくれ」って言われてるから、みんなの前で読み上げることはないだろうな^^;;

同席した大学時代の友人たちとのおしゃべりも楽しかった。
けどやっぱりユウとはほとんど話せなかったから、あらためてまた、みんなで集まりたいなと思いました!
日記 2006 ★ comment 3 ★ trackbacks 0 ★  ★